あせらず、おこたらず            To English Page
アルゴリズムの研究をしています。
群馬大学工学部情報工学科教授

中野眞 一のページ
中野研究室へ 研究室運営の方針   研究室の各種行事
ごく最近の写真 (15kbyte gif)
最近の写真 (350 kbyte jpeg file)
最近の写真 600 kbyte jpeg file)
ちょっと前の写真

授業 2019年後期
授業 2019年前期

研究 アルゴリズムを主に研究 しています。

アルゴリズムとは、計算機プログラムのおおまかな手順のことです。
プログラムの性能は、アルゴリズムの良し悪しに大きく依存します

グラフ描画アルゴリズム、グラフ列挙アルゴリズム、グラフ圧縮アルゴリズム
に興味があります。

平面グラフ、幾何アルゴリズム、最適化に興味があります。
ビックデータ処理のアルゴリズムに興味があります。

(列挙アルゴリズムについて)
指定された性質を持つ対象が存在するのか,また存在すれば何個存在するのか、さらに
それらの完全リストを 作りたい!という問いは, 科学的考察の基本をなすものです。
しかし, 一般に対象の個数は膨大であり、膨大な計算時間を必要とし、実際の
プログラムでこれらの問いに答えることは、これまでは非常に困難でした。
ところが、最近のPCの性能向上に伴い、これまでは不可能であった、
対象の完全リストの作成 = 列挙 が可能になりつつあります。
もし、列挙ができれば、完全なテストデータとして利用できます。また、他の様々な
高速アルゴリズムの基本ルーチンとして利用できます。
中野研究室では、様々な列挙問題を解く、最 速のアルゴリズムを多数開発しています。
2004年には、某デジタルライブラリにて、この分野で堂々のダウンロード数世界1位
獲得しています。

論文リスト