FrontPage

基本

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install build-essential
$ sudo apt-get install emacs
$ sudo apt-get install texlive
$ sudo apt-get install gv
$ sudo apt-get install r-base r-base-core

Ctrl と Caps Lock の入れ替え

$ sudo apt-get install gnome-tweak-tool
$ gnome-tweak-tool

「Typing」の「Ctrlキーの位置」で「CtrlとCaps Lockを入れ替える」を選択

日本語版 Ubuntu 14.04の場合、下記コマンドの実行も必要 (参考)

gsettings reset org.gnome.settings-daemon.plugins.keyboard active

日本語化

$ sudo apt-get install ibus-anthy
$ sudo apt-get install scim-anthy
$ sudo apt-get install fcitx-anthy
  • 「システム設定」>「言語サポート」から「日本語」を選択
  • 同じく、IMシステムとして iBus や SCIM を選択(ここではおそらくiBusを選択した)

Shift+space で日本語入力の切り替え

  • 右上か右下のAnthyのボタンをクリックし、「設定-Anthy」を選択
  • 「キー割り当て」>「on_off」に「Shift+space」を追加
  • これで、Anthy で日本語入力モードにしておくと、「Shift+space」で日本語入力と英数モードを切り替えられる

日本語版 Ubuntu 14.04 の場合、日本語ファイル名をアルファベットに変更

env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

(参考)

キーボードレイアウトが変わってしまった場合

$ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

(参考)

LXDE (軽量デスクトップ環境)

$ sudo apt-get install lubuntu-core
$ sudo apt-get install lubuntu-desktop
$ sudo apt-get install lxde-common
$ sudo apt-get install lxde-core
$ sudo apt-get install lxde
  • reboot後、右上の「en_US」をクリックして「jp」を選択
  • その隣りのボタンで「Lubuntu」「LXDE」「Ubuntu」などから選択できる

日本語版 Ubuntu 14.04 の場合、CtrlとCaps Lockの入れ替えで困った

LXDE や Lubuntu を選択した場合、 上述の「CtrlとCaps Lockを入れ替える」が無効化 (GNOMEを使わないせいか?)

そこで、xmodmap で Ctrl と Caps Lock を入れ替える

本当はxmodmapのマニュアルにあるように、下記のような ~/.xmodmapを作成し、~/.xsession や ~/.xinitrc あたりで呼びたかった。 しかし何故か機能しない。

remove Lock = Caps_Lock
remove Control = Control_L
keysym Control_L = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Lock = Caps_Lock
add Control = Control_L

そこで、Caps Lock を単純にCtrl にする下記の ~/.xmodmap を作成し、

remove Lock = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Control = Control_L

その上で~/.bashrc で毎回呼び出す。 2回目以降はエラーメッセージが出てしまうが、応急的にこれで対応。 あとで原因を調べるべし。

xmodmap ~/.xmodmap

しかし、何かの拍子に Caps Lock が入ると戻せない⇒これが決め手でLubuntuの使用は中止

日本語版 Ubuntu 14.04 (LXDEでLubuntuを使った)場合、日本語/英語入力の切り替えで困った

emacs の Ctrl+space とバッティングしてしまう。

Ubuntuのデフォルトのデスクトップ環境を使う限り、上記の方法で大丈夫だったはず。 Anthyは悪くないが、Ctrl+spaceを押すと Mozc に切り替わってしまう。 Mozcの設定画面は Anthy のように手軽には出せないようだ。

LXDEでLubuntuを使いはじめたばかりに、日本語入力でトラブル発生。 おそらくLXDEを選択しても同じトラブルが発生するだろう。 (GNOMEを使わないせいか?)

その解決法は、

1. 右下の小さいアイコンのキーボードを右クリックし、「設定」を選択

2. 「全般」タブの「次のインプットメソッド」がデフォルトで「<Control>space」となっているが、「<Shift>space」に変更

3. 次いで、小さいキーボードアイコンを左クリックし「日本語 - Anthy」を選択

4. その状態でこのキーボードアイコンを左クリックし、「設定 - Anthy」を選択

5. 「キー割り当て」タブを選択し、その冒頭の「ショートカットタイプ」が「デフォルト」になっているところ、懐かしの「Wnn」を選択

勝手にロックのかかった画面になるのをやめさせる

1. [メニュー]→[設定]→[Light Lockerの設定]を選択

2. [Screensaver]項目の[Blank screen after]と[Switch off display after]をそれぞれ最も左の[しない]に設定

3. [Locking]項目の[Enable light-locker]を[オフ]に設定

4. [閉じる(C)]をクリック

Lubuntu の設定についてはここが詳しい

その他

  • ssh, expect をインストール
$ sudo apt-get install openssh-server
$ sudo apt-get install expect
$ sudo apt-get install sysv-rc-conf

R で外部パッケージを利用するとき

$ sudo apt-get install r-cran-fgarch

などとすることもできるが、apt にないパッケージの場合

$ install.packages("mvpart")
$ install.packages("mvpart")
$ library(mvpart)

のように install.packages()を二度呼ぶと二度目に必要なものがコンパイルされる(こともあるらしい)

OpenCV

sudo apt-get install libcv-dev libcvaux-dev libhighgui-dev libopencv-calib3d-dev libopencv-contrib-dev libopencv-core-dev libopencv-dev libopencv-features2d-dev libopencv-flann-dev libopencv-highgui-dev libopencv-legacy-dev libopencv-objdetect-dev libopencv-ocl-dev libopencv-photo-dev libopencv-stitching-dev libopencv-superres-dev libopencv-video-dev libopencv-ml-dev

OpenCV で SIFT や SURF 関連のパッケージを使いたいとき

そのままでは opencv2/nonfree/nonfree.hpp や opencv2/nonfree/features2d.hpp が存在せず、include できなかった。 そこで、

$ sudo add-apt-repository --yes ppa:xqms/opencv-nonfree
$ sudo apt-get update 
$ sudo apt-get install libopencv-nonfree-dev

これで include できるようになった。(参考)

ffmpeg のインストール

ffmpeg は ffmpeg と avconv に分裂しているらしい。Ubuntu は avconv派らしい。 それはそうと、ffmpegをインストールするには

$ sudo add-apt-repository 'deb http://ppa.launchpad.net/jon-severinsson/ffmpeg/ubuntu '"$(cat /etc/*-release | grep "DISTRIB_CODENAME=" | cut -d "=" -f2)"' main'
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ffmpeg

apt-get update のときに何やらエラーメッセージが出るが、一応インストールはできる (PGP鍵の問題)。 ここによれば、エラーは回避できるらしいが、「鍵サーバーのタイムアウト」のため失敗。気にすることはなさそう。

ffmpegのバイナリがあった

http://johnvansickle.com/ffmpeg/からバイナリを取ってきて /usr/local/binにコピー

$ wget http://johnvansickle.com/ffmpeg/releases/ffmpeg-release-64bit-static.tar.xz
$ tar xvf ffmpeg-release-64bit-static.tar.xz
$ sudo cp ./ffmpeg-3.0-64bit-static/ffmpeg /usr/local/bin/

参考)Ubuntu 14.04 で最新の ffmpeg を簡単かつクリーンにインストールする方法

Atom

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/atom
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install atom

$ apm install project-manager
$ apm install japanese-wrap
$ apm install term2
$ apm install docblockr
$ apm install git-plus

チュートリアル動画

参考)Ubuntu 14.04 に Atom をインストールして、起動チェックしてから、パッケージ導入するまで

Atom Flight Manual

emacs とのキーバインドのバッティング

Ubuntu emacsユーザがまずすべき設定

認証に成功してもlogin画面に戻ってしまう場合

Ctrl + Alt + F3 し、テキスト画面でlogin

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y dist-upgrade
$ sudo apt-get -y install fglrx
$ sudo reboot

(ダメだった)

これでダメなら、 Ctrl + Alt + F3 し、テキスト画面でlogin

$ sudo apt-get -y install lxdm

途中、DOSのような画面で上下カーソルで lxdm を選択

$ sudo reboot

login画面で「デスクトップ」として「LXDE」を選択

(これでOKだったが、LXDEはもう使わないと決めていたので次に進む)

これでもダメなら

$ sudo apt-get -y install lubuntu-desktop
$ sudo reboot

login画面で「デスクトップ」として「Lubuntu」を選択

http://askubuntu.com/questions/223501/ubuntu-gets-stuck-in-a-login-loop の8番の項目(上から1/3くらいのところ)

参考

Ubuntu 14.04 LTSをインストールした直後に行う設定

Ubuntu 14.04 で Ctrl キーと Caps Lock キーを入れ替える

Ubuntu日本語フォーラム

Lubuntu 14.04 LTSに関するメモ

SIFTを使うために


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-06 (月) 14:41:22 (167d)